ボウフラ対策、さようなら!

2017/10/20
 
左端の塊が補填用の挿し苗
この記事を書いている人 - WRITER -
スタートアップ KPI 代表 / 明確屋【“ふわっと”から“はっきり”へ 】 ◆スタートアップKPI 代表 ◆経歴:明確屋,スマイルアドバイザー,設計士,デザイナー,休日デトックス・山手線を歩く夏主催,弓道,機械工学,SAS ◆人生テーマ:大きな愛、たくさんの笑顔、熱い情熱をもって、みんなの人生を輝かせるために働き続ける! ◆興味がある方もない方も気楽にどうぞ♪
Pocket

 

水たまりにはボウフラがやってくる。

 

彼らは蚊の幼体です。

そして私はその容姿と動きから彼らが嫌いです(笑)

気持ち悪いので写真は載せません。

ご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

 

<ボウフラの画像>

 

ばあちゃんが庭に得体のしれない?水の溜まったトレイを置いてたままにしているので、そこに彼らが湧いていたんですよ。

だから倒しましょう。

 

ボウフラくんを倒す方法がいくつかありますが、

今回は、台所用洗剤を2,3滴、水面に垂らす方法。

 

実際に垂らしてみたたところ…

垂らした瞬間はキョドっていましたが、その後は通常通り。

 

あれ?と思いながら放置しました。

 

すると3日後には、彼らは全滅しました。

しかし、新しく羽化した奴らが、なぜかうごめいている(笑)

結局その後、すぐに滅したみたいです。

 

―○――○――○――○――○―

 

ミニ田んぼを作った次の日のこと。

ここにおいても、蚊が何匹も水面に産み付けているようです。

これはあまり気分が良くないです。

 

そこで、水面の清潔感を保てるように、水を排出できるようにしてみました(笑)

 

ボウフラ対策水抜き

ボウフラ対策水抜き

 

ちなみにこれ、ゴミも排出されるし、増殖する水草も排出されるので、定期的に利用しようと思います。

また、昨年まで仕事で設計士をしていたので、機能について考えておきました(笑)

設計仕様としては、雨で田んぼ内の水量が増えた時に自動的に水を排水することが可能です。

排水路の高さを調整することで水量を決めることができます。

 

これでひとまず、気持よく田んぼを観察できそうです♪

楽しくなってきましたね☆

 

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
スタートアップ KPI 代表 / 明確屋【“ふわっと”から“はっきり”へ 】 ◆スタートアップKPI 代表 ◆経歴:明確屋,スマイルアドバイザー,設計士,デザイナー,休日デトックス・山手線を歩く夏主催,弓道,機械工学,SAS ◆人生テーマ:大きな愛、たくさんの笑顔、熱い情熱をもって、みんなの人生を輝かせるために働き続ける! ◆興味がある方もない方も気楽にどうぞ♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 簡潔屋 , 2015 All Rights Reserved.