ものごとの規模を考える

Pocket

 

こんにちは!

簡潔屋の 筧田 聡 です。

 

ご覧いただき、ありがとうございます!

今回は、規模を意識した視点を持ちましょうという話です。

ぼくは、『規模』という言葉が好きで、日常の中で良く使っています。

―○――○――○――○――○――○――○―

辞書的な意味を書いておきますと、

“物事の構造・内容・仕組みなどの大きさのこと”

英語では『Scale』です。

ぼくはよく、ものごとのバランスを意識したり、関係性やつながりを把握したり、想像を膨らませる時に規模を変えてみます

―○――○――○――○――○――○――○―

実際に、自分の近くから始めて、視点を変えてみましょうか。

わたしというスケールで見ると、“ひとりの人”ですよね。

ひとりの人という規模(スケール)です。

ひとりの人はどんなパーツで出来ていますか?

手、頭、脚。。。

手や頭、足はどんなパーツで構成されていますか?

血管、筋肉、皮膚。。。

それらはどんな要素で構成されていますか?

膜や弁、皮

続けていくと、細胞、分子、原子、原子核、素粒子。。。

では、次に規模を大きくしてみましょう!

ひとりの人から社会的に大きくしてみましょうか。

夫婦、カップル

家族、家庭

地区、地元

国、地域

世界、地球

ここからは物理的に大きくしていきます。

地球、太陽系

銀河系、銀河群、銀河団

観測可能な宇宙、宇宙

規模という意識を、感覚的に持てたでしょうか?

自分を始めとして、素粒子、宇宙とその規模の違いを感じてみてください。

―○――○――○――○――○――○――○―

この視点の変化や想像力は、
生活や人間関係、仕事にも活用できるます。

例えば仕事では、作業をして、その結果として問題が発生した時。

原因はなんなのか。

スケールを意識して視点を変えて探さないと、原因にたどり着けないことがあります

たったひとつの一瞬の作業のミスによるのか。
そもそもやろうとしていることが間違えているのか。

ちなみに簡潔屋の仕事は、こういった視点を変える力も必要とされています。

この規模を意識して視点を変えるというのは、少し練習すれば、どんな方でも身につきます。

興味がある方は、今日から規模を変える練習をしてみてください。

できなければ、私に連絡を取っていただければ、直接お伝えします♪

―○――○――○――○――○――○――○―

練習方法の例をあげますね。

まずは、「目の前のPCやスマホの内部構造はどうなっているんだろう?」と考えてみてください。

次に、「ネットワークはどのように、どこまでつながっているんだろう?」

発想としては、「宇宙ステーションまでつながっているかな?」のように。

「ファイルはどんな風に処理されているんだろう?」

「このブログの運営者は、実際にはどんな方なんだろう?」

私は、「このブログを読んでいる人はどんな方だろう?」って(笑)

規模を意識して視点を変えていけば、限りなく想像を膨らませることができます

ぜひ楽しく練習しながら、規模感を味わってみてください。

 

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

事業を「見つけ・創り・育てる」方法を投稿。 ㈱Key-Performance 創業・代表取締役, 起業茶屋®・作戦会議室forBiz 主催, 年間500名集客, 弓道弐段, サザン好き, 茨城県観光マイスターS級 認定, TDU卒, SNSはリンクから気軽にフォローしてください♪ 人生テーマ:大きな愛、たくさんの笑顔、熱い情熱をもって、みんなの人生を輝かせるために働き続ける!