憧れのヒーロー! 主体的な私&受動的な私

Pocket

 

Q.子供の頃に、憧れた人やキャラクターを思い出してください。

思い出せますか?

 

―○――○――○――○――○――○――○―

 

こんにちは!
簡潔屋の筧田聡です。

今日は、【憧れのヒーロー】についてです!

 

子供の頃、あなたにはヒーローがいましたか?

 

とあるアンケートでは、73.3%の方が子どもの頃にヒーロー(ヒロイン)がいたと回答しています。

 

実際の人物でもキャラクターでもいいので、思い出してみてください。

◯ 思い出せた方⇒そうなりたいと、今でも思いますか?
◯ 思い出せない方⇒親や祖父母に子供の頃の話を聞いてみてください。

この質問は、あなたのヒーローイメージを呼び覚ますものです。

 

あなたの『ヒーローイメージ』を高めることは、希望につながる

ぼくが子供の頃に描いていたヒーロー像は、
カーレンジャーとか、ビーストウォーズのコンボイとか、麦わらのルフィとか。。。

詰まるところ、自分がなりたかった存在でした。

 

2c1875d636d0e42411d888edb4bea8ac

 

でも今、持っているヒーロー像はどうでしょうか。

 

意外にパッと思いつかないものです。

子供の頃のヒーロー像を思い描いても、
それは自分がなりたい存在ではなくなってしまったような。。。

 

なんか、いつの間にかに自分を助けてくれるヒーロー像になっていました。

知らぬ間に、なにが変わってしまったのでしょうか?

 

主体的と受動的

そこには、主体的に生きているのか、受動的に生きているのかが関わっていると思います。

 

主体的な人は、自分の理想を持っています。

受動的な人は、人に理想を求める傾向が強いです。

 

様々な人と、話していると、この式が見えてきます。

全員がそうとは言いませんが、かなり傾向は出てます。

 

あなたはどう感じますか?

そして自分がなりたいヒーローというものと、
自分を助けてくれるヒーローの違いはどう感じますか?

 

ヒーローに共感する

共感は、憧れることでもあります。

ヒーローに共感するあなたの中には、きっとヒーローイメージがあります。

 

またヒーローは画面の中だけじゃなくて、あなたのすぐそばにもいます。

今回はぜひ、憧れの人を思い浮かべてみてください♪

 

《 さっそく実践 》

今日会った人の中に、憧れる人はいますか?

あなたのすぐそばにいるヒーローを探してみてください。

 

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

事業を「見つけ・創り・育てる」方法を投稿。 ㈱Key-Performance 創業・代表取締役, 起業茶屋®・作戦会議室forBiz 主催, 年間500名集客, 弓道弐段, サザン好き, 茨城県観光マイスターS級 認定, TDU卒, SNSはリンクから気軽にフォローしてください♪ 人生テーマ:大きな愛、たくさんの笑顔、熱い情熱をもって、みんなの人生を輝かせるために働き続ける!