ゴールの直前で倒れた経験

Pocket

 

こんにちは!

簡潔屋の 筧田 聡 です。ご覧いただき、ありがとうございます!

 

今回は、ぼくが中学3年の時の話。

よく乾いた体育祭の日のこと。

 

―○――○――○――○――○――○――○―

 

中3の体育祭のプログラムには、100m走があった。

小学校の頃は短距離走でいつも1番だったが、中学校に入ってからは、同学年の友達にどんどん負けるようになっていた。

中学最後の体育祭。

「ここでは勝ちたい。」

そう思って、毎日走る練習をしていた。

中3で走る練習をするとは、今考えると熱いな。。。(他人事。)

当日。

グランドがよく乾いていたため、スタートの際に転ぶ人が続出していた。

自分の番がきて、スタートで滑らないように注意深く走り出した。

上手く出だせたあとは、気合を入れて精一杯脚を動かした。

後半、左右を見ると、1番だったことが分かった。

よしこのまま行くぞ!とさらに気合が入った。

しかし、ここで想いを込めすぎてしまった。

ゴールの直前で“何故か”コケてしまったのだ。

何故かではない。力み過ぎていた。

最後の5mというところで、前傾になりすぎて脚がついていけなかったようだ。

この日、両親はゴールの瞬間をカメラで押さえようとしてゴール前に構えていた。

そしてシャッターを切っていた。

のちに、その写真を確認すると、そこにぼくは写っていなかった。

また、当時付き合っていた彼女が、近くで見ていた。

 

korobu

 

今想い返すと、これは人生の一大イベントだった。。。笑

だから今回ブログに描いた。

ここから学んだことが3つあるからだ。

① 自分の羞恥心に気がついたこと

小学校中盤以降、恥ずかしさなんてあまり感じてこなかった。

でも、この日は、とても恥ずかしかった。

救護のところで両膝両肘に白いガーゼを貼られて、一日中、みんなに笑われていた様に感じた。

② 転んでも後退はしていないこと

ライバルには離されてゴールして行くけど、
後ろを見るとこれまで走ってきた距離はそこにあることを知った。

この記憶がなぜか強く残っている。

また同時に、「あと少し5m」
前方の距離感も強烈に記憶している。

③ みんなの記憶には、ほとんど残っていないこと

飲み会などで同級生に転んだ話をすると、
「そんなことあったの?」となることがほとんどで、
ホッとしているというか、覚えていないんだなーって。

みんな自分のことで精一杯の記憶なんだろう。

 

―○――○――○――○――○――○――○―

 

つまりこの3つのことから、
転ぶことは、精神的な意味においては、あまり怖くはないと理解した。

これは徒競走に限った話ではないだろう。

やってしまったできごと、全般に適応できると考えている。

ただ、精神的には怖くはないけれど、
今でも左足の膝小僧には、その傷跡が残っている。

その傷跡はぼくにとって、転ぶことはあまり怖くないと応援してくれている。

見るたびに、そう感じさせてくれている。

 

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

事業を「見つけ・創り・育てる」方法を投稿。 ㈱Key-Performance 創業・代表取締役, 起業茶屋®・作戦会議室forBiz 主催, 年間500名集客, 弓道弐段, サザン好き, 茨城県観光マイスターS級 認定, TDU卒, SNSはリンクから気軽にフォローしてください♪ 人生テーマ:大きな愛、たくさんの笑顔、熱い情熱をもって、みんなの人生を輝かせるために働き続ける!