中学校での登山服にメスを入れると……

2017/10/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
本名、筧田 聡。 理念、“いいものだらけ”の世の中へ。 株式会社Key-Performance 代表取締役・創業者。 1989年(平成元年)、茨城県生まれ。 起業家・フリーランスの「将来への不安」を減らし、直近の「自由」と「お金」を増やしてます。 「起業茶屋®」「起業の作戦会議室」主催。 いばらき観光マイスターS級認定。 弓道弐段。 サザン好き。 SNSは下のリンクから気軽にフォローしてください♪ ◆簡潔屋【“ふわっと”から“はっきり”へ 】 ◆人生テーマ:大きな愛、たくさんの笑顔、熱い情熱をもって、みんなの人生を輝かせるために働き続ける!
Pocket

 

学校指定の真緑のジャージ。

 

私も登山が好きですが、

それとは関係なしに緑は不適切だと分かると思いますがいかがでしょうか?

 

地味で周囲の景色に溶け込んでしまう色だと遭難した場合見つけにくくなります。

どんなに低い山であっても、山には遭難の危険がありますから。

 

登山時の注意点

・見つけやすい色(例:蛍光オレンジ色)

・迷彩厳禁

・黒厳禁 ▷ スズメバチ

・甘い匂いの香料(例:柔軟剤,芳香剤) ▷ 警報フェロモン「こいつは敵印」に類似している

 

他注意点

・自由を拡大解釈してしまう生徒がいる ▷ 状況から考えさせて必要に応じて諭していきましょう。

 

 

まとめ

中学校での登山において、

「全員ジャージ!」という安全を考えられない無知な先生たちの常識を、

「なるべく派手なのを着なさい」に変えた先生の話でした!

 

物事の根拠を示せない先生が多い中で、

根拠をもって子どもの安全を守ろうとする先生を私は支持します!

 

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
本名、筧田 聡。 理念、“いいものだらけ”の世の中へ。 株式会社Key-Performance 代表取締役・創業者。 1989年(平成元年)、茨城県生まれ。 起業家・フリーランスの「将来への不安」を減らし、直近の「自由」と「お金」を増やしてます。 「起業茶屋®」「起業の作戦会議室」主催。 いばらき観光マイスターS級認定。 弓道弐段。 サザン好き。 SNSは下のリンクから気軽にフォローしてください♪ ◆簡潔屋【“ふわっと”から“はっきり”へ 】 ◆人生テーマ:大きな愛、たくさんの笑顔、熱い情熱をもって、みんなの人生を輝かせるために働き続ける!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 簡潔屋 , 2017 All Rights Reserved.