不安な状態は終わらないので、まず落ち着く

Pocket

 

※ 不安や悩み、問題がある状態から、落ち着いた状態になりたい方へ

 

人生において、不安を取り払いたいと考えている方がほとんどだと思います。

 

でも、不安を取り払うことは可能でしょうか?

不安がない人はいるのでしょうか?

不安を取り除けないとした場合、どうしたら良いのでしょうか。

 

今回はそんなお話。

 

 

こんにちは!

簡潔屋の 筧田 聡 です。

 

不安に駆られている自分に向けて、書きます。

 

沢山の不安、深い悩み、難しい問題。。。

いまでは仕事として、
人が取り除きたいモノゴトたちと向き合っています。

 

向き合うことで、学んだこと。

不安を解決しても、またすぐに別の不安が生じるということ

ある件に対して、不安を解決すると、

「取り除けました♪」と喜ぶところでしょう。

 

実際にお客様に喜んで頂けて、正直に言うと、わたしも嬉しいです。

 

でも数週間、いや数日すると、別の件について不安が生じている。

あなた自身、そんな経験はありませんか?

 

わたしが思ったことは、
この解決方法は、病院で『対処療法』と呼ばれるものではないか。

対処療法とは、
まず取り除くこと、短期的に解決するという目的で行われる治療のことです。
原因』ではなく、『現状』にアプローチしているということです。

 

数日経つと、また不安が訪れる。。。

これでは、いくら取り除いても、いくら解決しても、キリがありません。

取り除くためには、いつまでも費用を払い続けなければいけない。

 

本当に必要なのは、不安を受け入れることではありませんか?

自分が不安を抱えていることを認めること。

 

ただ、それがとても難しい。

そもそも認めるという意味を理解することが難しい。

不安を認める自分になるのが、難しい。

 

どうすれば不安を受け入れられるのか。

ひとつは、客観的にモノゴトを知ろうとする姿勢になることです。

 

第三者として客観的に自分の持っている不安を見つめる

不安を知ろうとすること。

外から自分の姿や状態を見て、
「なんで不安を感じているんだろう?」

 

実は不安を感じている “だけ

つまり、「解決するしないの話」ではないんじゃないか?

 

客観的にモノゴトを知ろうとする姿勢の人を見ると、
『落ち着いているなぁ』と感じさせられます。

あなたの周りに、やたらと落ち着いていると感じる人はいませんか?

 

『 落ち着く 』には、外から自分のことを見つめる。

客観的にモノゴトを知ろうとすること。

 

わたし自身、落ち着きながら不安と向き合う、それができないときがあります。

 

そいうときに感じるのは、

落ち着けない自分を感じながら生きていくのかな。

 

不安を認めたい。

 

わたし自身、ブログにアップするとともに、
改めて不安と付き合っていきたいと思っています。

 

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

事業を「見つけ・創り・育てる」方法を投稿。 ㈱Key-Performance 創業・代表取締役, 起業茶屋®・作戦会議室forBiz 主催, 年間500名集客, 弓道弐段, サザン好き, 茨城県観光マイスターS級 認定, TDU卒, SNSはリンクから気軽にフォローしてください♪ 人生テーマ:大きな愛、たくさんの笑顔、熱い情熱をもって、みんなの人生を輝かせるために働き続ける!