Facebookグループ「素朴な質問から本質に触れたい紳士、淑女の討論会」は、ここをクリック♪

デジタルデトックスin筑波山

デジタルデトックスin筑波山
Pocket

 

登山2日前の筑波山には、雪がかかっていた。私の日課は、朝、実家から見える筑波山を眺めることから始まる。前日、関東では真冬の気温になり4月にも関わらず雪やみぞれが各地で観測された。意識せざるを得ない問題は、雪だけではない。当日は雨との予報だった。会のホームページでは小雨決行としていた。雨の中の登山。登りやすい筑波山とは言え、イベントとしての雨模様の中を歩くことは可能だろうか?今回は、三重県や東京からの参加者も多数いる中で、判断が迫られた。登山前日の午後14時、参加予定の20名に小雨と判断し決行する旨を伝えた。また天気が天気なので、相談や質問は受け付けることにした。また参加される予定だった小学生連れの方には、今回危険だと判断し、相談の結果、参加を見送って頂いた。

当日、結果として10名もの人がつつじヶ丘に集まった。これには、主催者として感謝しかなかった。雨で濃霧で、まだ若干雪が残る筑波山を私たちは登り始めた。道中では、次の体験企画を行った。

① スマホ・PCからの解放
② 五感を使って自然を満喫
③ 笑顔でいまを楽しむ
④ 現実世界でのつながりを実感

 

“知らない事を勉強するいい機会でした”

 

参加者から届いた声のひとつ。私たちが、何かを伝えたのでなくて、既に参加された方々の中にあるモノを使って学んでいた。これが事実。

 

“普段蔑ろにしている五感の感覚をフル活用した感じ”

 

雄大な自然を前にしては、私たちが伝えることは何もなかった。連続的な雨の音、葉っぱの揺れ、小鳥のさえずり、ぬかるんだ足元、滑りやすい岩、風、雲の流れ。。。自然は、参加者の五感を強く刺激し続けた。自然の中で行動することは、自らの感度を高めた。それは決して飽きることのない音、なんとも言えないにおい。歩いているときは暑くて汗が出るが、止まると冷えて寒くなる身体。最初に女体山山頂についたとき。関東平野の景色は見えなかったが、雲に包まれていた私たちは忘れない暖かさみたいなものを感じた。

 

“コミュニケーション手段が一番デジタルに汚染されていることに気がつけたのは、今回参加しなければ気がつけなかった点だと思います”

 

「いつも使っているコミュニケーションツールに、逆に使われている感があるよね」道中ではそんな声も聞こえた。「そんなにスマホをチェックする必要があるのか。そもそもこんなことを考えることは、これまでなかったよね。」

 

“何度かグループ分けがあったので、色々な人と話す事が出来た”

 

人とつながっていくという感じは、リアルでないと得られない。視覚や想像力では補えられない一体感や臨場感。

SNSで発信することを前提にしていない体験。この時間は豊かだった。受け入れ自分と出会った。五感が刺激された分、記憶として濃く残っている。

 

雨は必ずしも悪天候ではないことを参加者から教わった

 

悪天候だったか好天候だったか。それは参加しなかった者には言うことはできない。参加者が判断することだった。参加者からは、「雨が降っていてよかった」と声を掛けてもらった。私は開催前に、こんなことをアップしていた。

明日の筑波山、なんとか晴らして欲しい!
わたしはこれまでずっと、雨が大好きだった。
小学生の頃、雨・風・台風の音に耳を傾けを録音する、雨水を貯める実験、傘はささずに良く遊んでいた。
でも今夜から明日にかけて、この雨が静まって欲しい。
でも一晩だけの祈りなんて通じないかな。。。
これからもいろんな会を主催するにあたって、雨男の名を返上したいと思う。
その第一歩として。修造先生!!!!!

 

雨男というより、雨の日が記憶に残っているということ、私は雨を楽しんでいたんだ

 

昼食を食べ終わると雨は止んでいた。折り返して下山に向かう。途中、再び女体山の山頂で10分ほど腰を下ろした。筑波山には男体山と女体山があって、女体山⇒御幸ヶ原(昼食)⇒男体山⇒御幸ヶ原⇒女体山⇒下山という流れ。山頂には私たちしかいなかった。雲が山を駆け上り、また駆け下りていく。その合間のことだった。関東平野を見ることができた。雨のあとだからか、くっきりと見えた。地平線は見えなかったが、時には太陽を浴びてキラキラと輝いた景色を眺めることができた。登山中は雲に覆われていて、自分たちが今まで生きていた場所と切り離されたような感覚を持っていたので、山の麓の家々や田畑、道路を見ると新鮮なものを感じた。自分の居場所を認識するように。葉っぱは、雨が打つ音から風で揺れる音に変わっていた。

怪我もなく、無事に『デジタルデトックスin筑波山』は、全行程を終了することができた。主催者自身も深いデトックス体験ができた企画。参加された皆様へ、改めて、素晴らしい会をありがとうございました!

 

“『 笑顔 』で『 いま 』を実感できたよ!”

 

下山中のインタビューにて。その言葉は、これからの私たちのエネルギーへと変わる。

 

これからも明るい笑顔で!

“簡潔屋”

筧田 聡

 

追伸

つながりとして。

【 休日デトックス 谷根千→上野 】を主催しています!

 

内容としては、休日のデトックス体験と五感が高まる街歩きです!ぜひチェックしてみてください♪

 

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

Pocket