Facebookグループ「素朴な質問から本質に触れたい紳士、淑女の討論会」は、ここをクリック♪

201103111446

201103111446
Pocket

 

こんにちは!

簡潔屋の筧田です。

 

今日は、震災から4年という日。

 

私たちには、いくつか、忘れてはいけない時間がある

人生の中で最も大きく、衝撃的な時間。

 

2011年 3月11日 14時46分。

 

あの地震は、私にどんな影響を与えたのか。

あの地震は、日本にどんな影響を与えたのか。

あの地震。

この地震。。。

 

今でもその感情や、テレビで流れた映像を思い出す。

津波や地震で無くなった方に黙祷を捧げます。

 

また、今、まだ避難を余儀なくされている方々が、はやく新しい住まいで暮らせますように。

被災された方、それを見ていた方、日本で感じた方、海外の方、

支援活動を行った方、寄付をした方、それぞれの想いは何を生んだのか。

 

4年が経って、震災の捉え方は、人それぞれになってきた

でも、日本にいるみんなの行動が、しっかりと“にじり寄ってくる”と良いと思います。

 

多くの人の時が止まりました。

何もしない時間がそこにはあって。

ひとによって長さは違うけれど、ものを欲しい気持ちや、不安に駆られた時間がそこにはあって。

居た堪れない時間の過ごし方を経験しました。

 

『会社に行かないとクビになる』と言って、老人・子供を置いて仕事に行った人もいたことでしょう。
↑4年前のmixi日記のコメント欄より抜粋しました。

 

『夜になると暗闇にいっそう青白い光が映えて、すごく綺麗だった。』
↑ある女子大生のコメントです(*´-`)

 

私たちは忘れてしまう生き物だと、伝えている

『ガソリン無い無い言って2時間も並ぶのは異様な光景だし、
ガソリン無い無い言ってる割にはみんな車で買い物かよ(o´`)
みたいな気持ちを含めながらの、
今は電車が動いてないんだから動かないことが
理に叶っているのではないかな』

 

『あたしも含め大体の方はまず自分や家族のことを考えてるのかな』

 

家族を想うからガソリンを入れて、

家族を想うから食べ物を買って、

家族を想うからガソリンが無くなって、

家族を想うから食べ物が無くなって、

たしかに立ち止まったよ。心も体も。

 

生きることとは何かを考え始めていた。

なにより時間がそこにはあった。

 

「素晴らしい将来を願い、『しっかり』と進みます!」

という宣言をしました。

一人ひとりが、これまでの人生で見てきた全てのモノゴトから、

一番素晴らしい予想図を以って、しっかりと進んで行くことが、

自身を、家族を、会社を、地域を、日本を、世界をより良くすると。

そう信じて生きてきた。

「しっかり」の中身は、これを読む全ての人の中にある。

「しっかり」という言葉を、抽象的な言葉だと決めつける事は簡単だよ。

「素晴らしい将来を願い、しっかりと進みます!」

「しっかり」の中身は、これを読む全ての人の中にある。

 

flower

 

祈りとはなんだろうか?

あなたは何を祈るのだろうか。

何を望む?

何を願う?

「わたしは何を祈る?」

冬が終わりを告げるこの季節に。

 

震災は、私の人生に影響している

震災がなかったら、『 山手線を歩く夏 』はなかった。

山手線を歩く夏がなかったら、『 経営者 』はありえなかった。

4年が経って、震災の捉え方は、人それぞれになってきたように感じます。

でも、日本にいるみんなの行動が、しっかりと“にじり寄ってくる”と良いと思います。

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

Pocket